「食品」「化粧品」「バイオ・ヘルスケア」業界専門の転職エージェント

【転職活動あるある】一度応募したことある企業、再応募ってしていいの?

【転職活動あるある】一度応募したことある企業、再応募ってしていいの?

「以前応募した企業がまた募集している。別のエージェント経由からなら、また応募してもいいの?」と疑問に思った経験、または実際に応募した経験ってありませんか?弊社へご登録頂く方にも再応募を希望する方は少なくありません。今回はそんな転職あるあるをエージェント側の視点を交えてご紹介したいと思います。

再応募ってしていいの?

まずは多くの方が疑問に思う「再応募」が可能かどうかについてですが、結論から言うと「可能」です!ただし、無条件に可能という訳ではありません。再応募の可能性を掴む2つの条件を解説します。

1.前回の応募時から経歴がブラッシュアップされている
前回の応募時より、経歴がブラッシュアップされ企業の求める募集要項に達していれば再応募でのチャレンジは可能になります!その場合は、追記できる経歴を書類に落とし込んだ上で選考に臨みましょう!
逆に前回の応募時からご自身の追記できる経歴に変化がない場合は、直近での再応募に関しては企業も採用基準を再考していない限り、難しいと言えます。特に直近での再応募は、仮に希望のするポジションの募集が継続されていたとしても、企業側が前回と同じ経歴をみて同じ判断をすることになるだけなので、心象もあまり良くなく結果が覆る可能性は低いでしょう。

ここでのポイントは、プラスとなる経歴があることです。
また、意欲が高い求人ポジションへの応募の際は、選考時に企業側のFBをしっかり確認しておくと、仮に選考結果が振るわなくても自身の目指すキャリアと現時点での乖離点を認識しておくことで再応募への可能性を残しておけるだけでなく、今後積むべく経歴の指標にもなりますのでおすすめです。

2.書類の経歴不備でお見送りだった場合
企業へ提出する書類に、選考にかかわる経歴を書き損じてしまい、そのまま選考結果が出てしまった場合です。その場合は、転職エージェントに事情を伝えて再応募することが可能なケースもあります。その際は前回選考を受けた時期、書き損じた内容をエージェント側としっかり共有した上で進めることを推奨します。ご自身で企業側へ直接再応募をしてしまうと、企業側は候補者をシステム上で管理していることも多く、システム上ですでに選考済であると判断されてしまう可能性があるからです。その点、エージェント経由だと、担当コンサルタントに事情を説明することで書類選考時に企業側担当者へフォローを入れてもらうことができます。とはいえ、募集要項に関する経歴を記載しないで選考に進むことは企業から見てマイナスイメージになりますので、くれぐれも書類選考時には企業側の求める経歴も書き漏れがないように提出前の最終確認を怠らずに気を付けましょう!

再応募の可能性を掴むためにできること

再応募とは、先に伝えているように必ずしも可能性があるわけではありません。

前回の応募から時間が経過しており、ご経歴がブラッシュアップされていればハードルは低く感じるかもしれませんが、同ポジションの求人が継続的に発生していることは多いケースではありません。

まずは再応募できることを前提と油断せずに、選考に臨むこと。

そして、選考結果が振るわなかった際には状況や経緯をきちんと整理してご自身で直接企業に応募するのではなく、企業側にフォローしてもらえるようにエージェント側へ事情を説明した上で進めることで再応募の可能性を掴みましょう。

RD SUPPORT無料転職支援サービス

「食品」「化粧品」「バイオ・ヘルスケア」業界専門の転職エージェントとして
コンサルタントが、あなたの納得のいく転職活動をサポートします。