RD SUPPORT 転職

食品・化粧品・ヘルスケア業界専門の転職エージェント

キャリアコンサルタントがお手伝い 転職サポートエントリー

プロが教える転職活動の心得

【面接アドバイス】第一印象を良くする「座り方」のポイント!

2015.11.06

こんにちは、紹介事業部・サポート課のショウコです。

皆さん、いざ面接に行くぞ!となった時、第一印象を良くするにはどうしたらいいのかと一度は考えたことがあるかと思います。そう、第一印象はとても大切。その後の面接の雰囲気を左右するといっても過言ではありません。

今日は面接アドバイスとして第一印象を良くするためのちょっとしたポイントをお伝えします!

 面接の前に服装、髪型、女性はメイクに清潔感があるかどうか、まずそこはチェックしますよね!そしていざ面接となったら、明るくハキハキと笑顔でお話をすることは重要なポイントですが・・その前に!今日お伝えしたいちょっとしたポイントが!!

それは、面接官を待っている時の「座り方」です。それってどういうこと?!と思われる方も多いはず。では、具体的に解説します。

面接の際、先に部屋へ通され、面接官を待つというシチュエーションはよくあると思います。奥の席に座り面接官が来るのをドキドキ待ちますよね。その時、皆さんはどのような姿勢で座っていますか?!

 

ポイントは体の向き!

部屋に通されイスに座ったら、まずドアの位置をチェックしましょう。そして座ったら少し体をドアの方向に向けて座るのがポイントです。なぜかというと・・面接官が入室してきた際に、「正面」を向いてアイコンタクト、挨拶ができるからです。

例えばドアがあなたの座った位置から「右斜め前」にあった場合。正面を向いて座っていたら、面接官が入室してきた際に、はっと目だけ、もしくは首だけで面接官を見てしまいませんか?!そうすると目だけ・首だけで面接官とアイコンタクトすることになり、鋭い視線の印象を与えてしまうこともあります。また立ち上がって挨拶をするタイミングが遅くなることも。

もし、体をドアの方向「右斜め前」に少し向けて座っていたら、面接官に対して「正面」を向けてアイコンタクトをし、さっと立ち上がって挨拶をすることができますよね。本当に小さなことですが、ちょっとしたポイントを押さえておくだけで、良い第一印象を与えることができるかもしれません!何よりも「面接の始まり=挨拶」がスムーズにできると、面接も落ち着いて進めることができるのではないでしょうか。

面接前にソワソワしてしまう!すごく緊張する!という時は、ぜひこの「座り方」のポイントを思い出してみてくださいね!